診療科目名について

平成20年4月1日より、広告可能な標榜診療科名の見直しが実施されました。これに合わせてマイクリニックでは、診療科名によるページ構成、各医療機関の診療科名の表記方法を順次変更しております。

以下に今回の見直しの概要と、マイクリニックでの表示方法について説明いたします。

標榜科(標榜診療科) とは

医療機関が外部に広告できる診療科名のことで、具体的には医療法施行令第3条の2に広告することができる診療科名として規定されています。医療機関の入り口などに掛っている看板(広告) などには、ここで定められた診療科名のみ表記してよいことになっています。

なお、平成20年3月31日までの標榜可能な診療科名は以下でした。

内科, 心療内科, 精神科, 神経科, 神経内科, 呼吸器科, 消化器科, 胃腸科, 循環器科, アレルギー科, リウマチ科, 小児科, 外科, 整形外科, 形成外科, 美容外科, 脳神経外科, 呼吸器外科, 心臓血管外科, 小児外科, 皮膚科, 泌尿器科, 性病科, こう門科, 産婦人科, 産科, 婦人科, 眼科, 耳鼻いんこう科, 気管食道科, リハビリテーション科, 放射線科, 麻酔科※1

※1厚生労働大臣の許可を得た医師に限り認められる診療科名
(医療法第6条の6、及び医療法施行規則第42条の4に基づく)

どのように変わるのか

今回の見直しでは上記のように規定された診療科名のみではなく、臓器、疾患、患者の特性、診療法などの属性の組みあわせによる標榜方式となりました(下図参照)。

これにより患者さんは何か病気にかかった時、どの医療機関にかかったらよいかが分かりやすくなると期待されています。

組み合わせによる標榜形式の例「呼吸器感染症内科」

(注) 「男性産婦人科」のように、不合理な組み合わせはあらかじめ標榜できないよう規定されています。

なお、今回の見直しにより次の診療科が標榜できなくなります。
標榜できない診療科名: 神経科, 呼吸器科, 消化器科, 循環器科, 皮膚泌尿器科, 性病科, こう門科, 気管食道科, 胃腸科

4月1日に標榜診療科名が一斉に変わるのか

見直しが行われたからといって、4月1日から急に医療機関の標榜診療科名が変わるというわけではありません。

医療機関への経過措置として、平成20年4月1日より前に標榜している診療科名については、上記の「標榜できなくなる診療科」も含めて引き続き標榜することが可能となっています。

ただし、4月1以降に看板等の広告を出したり更新する際には、新しい標榜診療科名である必要があります。

マイクリニックのページ構成

マイクリニックでは、新しい診療科名の標榜方法に合わせ、「基本科目」の他に「部位、器官など」「疾病、病態」「患者の特性」「医学的処置」の各項目ごとにページを設け、医療機関が標榜される診療科名にあてはまる項目のページに掲載してまいります。

また、経過措置を受け、標榜できなくなる診療科のページも引き続き掲載を行います。

マイクリニック掲載医療機関の診療科名

現在マイクリニックに掲載されている各医療機関の情報(診療科名等)は、各医療機関自身またはウェルネス医療情報センターからの報告・提供を受けることではじめて更新されます

医療機関が新しい診療科への変更を行い、マイクリニックに報告が入った時点で新しい診療科名が表示されます。※2

ウェルネス医療情報センター提供により掲載されている医療機関情報は、ウェルネス医療情報センターによる定期更新(月1回程度) によって変更されます。マイクリニックにご報告いただいた場合も、この限りとなります。

※2報告から反映までに数日の時間を要する場合がございます。
事前に該当医療機関への電話等での確認を行ってから受診される事をお薦めします。